メンズ

患者の支えになるB型肝炎患者のための給付金とは

家計の見直しで経費削減を

財布

ファイナンシャルプランナーに家計診断を依頼する際には、事前に自身で自分の家の収支について把握しておく必要があります。その上で、プロの目線で無駄を省き、家計を健全な状態にしてもらいましょう。また、老後資金など今後についてのアドバイスもしてもらいましょう。

もっと読む

国からお金が保障される

病室

弁護士のサポートも必要

日本ではB型肝炎の患者が多数存在します。その理由のひとつとして、昭和のはじめ頃から終わり頃にかけて集団での予防接種や注射などが行われたと言うことがあります。この時注射を使いまわしていたことが原因で、B型肝炎に感染した人は多く存在します。現在ではこの時期に感染が発覚した人で、病気の状態に応じて給付金を受け取ることができるようになりました。しかし給付金を受け取るためには自分で申し出を行い、弁護士などに協力を仰いでいつ頃B型肝炎に感染したかなどの証明を行う必要があります。高額な給付金を受け取れるケースもありますので、自分がB型肝炎に感染している場合や家族が対象となる場合には確認しておくことが大切です。

早めに請求をしよう

B型肝炎に感染し、原因が予防接種時の注射器であると特定できる場合には給付金の対象となります。当時の年齢や生年月日なども対象になるかどうかの基準となります。それらの証明を行うために、弁護士などに依頼することが必要になるのです。ですが既にB型肝炎に関しては訴訟が行われており、国が給付金を出すことに同意していますので弁護士費用なども一部負担を行ってくれます。そのため給付金を受けることができれば費用などの負担も少なく、治療に専念することができます。ただし、B型肝炎を発症して感染が発覚してから20年が経ってしまうと貰える給付金が減ってしまいます。B型肝炎の発症原因などがはっきりしており、対象である場合には早めに行動を起こすことが大切になります。

転機が訪れたら

女性

貯蓄のことまで考えるのであれば、家計診断で経済状況を見つめ直すことは大切です。共働きの家庭状態を変えたいと考えている場合は、特に収支について見直すことが重要となるでしょう。

もっと読む

インターネットで比較検討

困る女性

ひと昔前までは持病を持つ方は保険加入が出来ませんでしたが、近年は一部条件を設けて加入を認めるケースが増えてきました。これらの保険を選ぶ際に保険の比較サイトを利用すると各社の商品を検討出来るだけでなく、費用・補償内容・持病などについて包括的に調べられるので、加入後のトラブルを未然に防げます。

もっと読む